ライフスタイルアンケート

< もどる

アンケート実施期間:2018年8月17日〜2018年9月14日 有効回答者数= 305名 半数以上の人が「政治」の場面で「男性が優遇されている」と感じている。
学校「平等だと思う」68.2%、政治「男性が優遇されている」53.8%
とくっち
各場面において男女平等だと感じているかどうかの質問では、「家庭」「職場」「法律・制度」では「どちらかというと男性が優遇されている」、「政治」「慣習・しきたり」では「男性が優遇されている」、「学校」では「平等だと思う」と回答した人が最も多い結果でした。

全員にお聞きします。あなたは以下の各場面において男女平等だと感じますか?【家庭】

全員にお聞きします。あなたは以下の各場面において男女平等だと感じますか?【職場】

全員にお聞きします。あなたは以下の各場面において男女平等だと感じますか?【学校】

全員にお聞きします。あなたは以下の各場面において男女平等だと感じますか?【政治】

全員にお聞きします。あなたは以下の各場面において男女平等だと感じますか?【法律・制度】

全員にお聞きします。あなたは以下の各場面において男女平等だと感じますか?【慣習・しきたり】

line

女性は結婚すべきだ「どちらでもない」49.5%」
とくっち
結婚・離婚についての考えに関する質問です。 「女性の幸せは結婚であり、女性は結婚すべきだ。」という考えについては、「どちらでもない」が最も多く49.5%、「そう思う」「どちらかというとそう思う」と回答した人は合わせて22%という結果でした。

全員にお聞きします。	結婚・離婚についてあなたの考えは?【女性の幸せは結婚であり、女性は結婚すべきだ。】

全員にお聞きします。	結婚・離婚についてあなたの考えは?【結婚は個人の自由なので、結婚してもしなくてもどちらでも良いと思う。】

全員にお聞きします。	結婚・離婚についてあなたの考えは?【夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ。】

全員にお聞きします。	結婚・離婚についてあなたの考えは?【女性は結婚したら、自分自身のことより夫や子供など家族を中心に考えるべきだ。】

全員にお聞きします。	結婚・離婚についてあなたの考えは?【結婚しても必ずしも子供を持つ必要はない。】

全員にお聞きします。	結婚・離婚についてあなたの考えは?【女性は結婚しても仕事を持つのは良いが、家事・育児はきちんとすべきである。】

全員にお聞きします。	結婚・離婚についてあなたの考えは?【結婚しても相手に不満がある時は離婚すれば良いと思う。】

全員にお聞きします。	結婚・離婚についてあなたの考えは?【今の社会、離婚すると女性の方が不利だと思う。】

line

女性の能力活用「そう思わない」「どちらかというとそう思わない」
とくっち

社会において、女性の能力は十分活用されているかどうかの質問では「そう思う」「どちらかというとそう思う」と回答した人はあわせても10%にも満たず、半数以上の人が「そう思わない」「どちらかというとそう思わない」と回答しています。

全員にお聞きします。社会において、女性の能力は十分活用されていると思いますか?

line

女性の参画が必要な分野「政治家」「医師」「企業・団体の幹部層」
とくっち

社会において、女性の参画がもっと必要だと思う分野についての質問では「政治家」と回答した人が最も多く、次に「医師」「企業・団体の幹部層」という結果になりました。

社会において、女性の参画がもっと必要だと思う分野は何ですか?(複数選択可)

line

行政に期待すること「仕事と生活を両立しやすい環境作り」
とくっち

女性の能力開発・能力発揮がしやすい社会にするために、行政に期待することについては、「仕事と生活を両立しやすい環境作り」と回答した人が最も多く、以下「育児等でいったん離職した女性に対する支援の拡充」「国民への意識啓発」が続きます。

全員にお聞きします。女性の能力開発・能力発揮がしやすい社会にするために、行政に期待することは何ですか?

line

生まれ変わるなら「女性」67.8%、「男性」32.1%
とくっち

生まれ変わるなら男女どちらに生まれたいと思うかどうかの質問です。「女性」と回答した人が67.9%、「男性」と回答した人が32.1%という結果でした。

全員にお聞きします。生まれ変わるなら男女どちらに生まれたいと思いますか?

「男女平等について」について
今回は男女平等についてのアンケートでした。 各場面において男女平等と感じているかどうかの質問では、「学校」で「平等だと思う」と回答した人が最も多かったものの、「家庭」「職場」「法律・制度」「政治」「慣習・しきたり」では男性優遇と感じている人が多い結果となりました。結婚・離婚についての考えに関する質問では、従来のステレオタイプの考え方から変わってきているようです。社会での女性の能力活用についての質問では、まだまだ十分に活用されているとは言えないという結果でした。男性優遇の政治の世界において、今後女性政治家の活躍や、女性の能力開発・能力発揮がしやすい社会の実現には「仕事と生活を両立しやすい環境作り」を期待されています。
尚、女性の回答者87.2%のうち、生まれ変わるなら「女性」と回答した人が67.9%という結果は、やはり今の社会が男性優遇であると感じているということなのかもしれません。

< もどる